カテゴリー別アーカイブ: RNA

なぜRNAなの? Dr.エイミーヤスコプロトコールの特別なサポート

Dr. エイミーヤスコプロトコールって他のプログラムとどこが特別なの?


自閉症回復への遺伝子栄養療法 Dr.エイミーヤスコプロトコールは、他のプログラムとは違う唯一の特徴的なサポートがあります。

それは、RNA(ヌクレオチド)の使用です。

group-2

RNA(ヌクレオチド)の役割


RNA(ヌクレオチド)の役割を以下に記します。


・細胞間の連絡

・細胞輸送
・細胞誕生(減数分裂)
・細胞死(アポトーシス)
・細胞リラクゼーション
・膜の流動性
・細胞の翻訳
・細胞エイジング
・細胞シグナリング
・炎症カスケード
・基本的な細胞のコミュニケーション
・分子の表記
・細胞ストレス
・細胞規制


現在、RNAは臨床的にも利用され始めています。
RNAの方がDNAよりも重要なのではないかと言われているくらいです。

 

RNAの使用に関するDr. エイミーヤスコからのメッセージ


以下の文章はDr.エイミーヤスコ著書からの抜粋です。

RNAはヌクレオチドであり、DNAと同様の塩基からできており、身体にDNAの使い方を教えるものです。遺伝子と生化学の分子に関する私の研究の多くの部分は、RNA研究と開発の分野であったので、この知識を利用し発展させ、これらの製品を製造しました。
製造方法は特許で守られている情報なのですが、言える事は、身体に良い効果をもたらすためにRNAを変化させないようなフォーマットを考案した事です。RNAは簡単に壊れてしまうので、これは重要なことです。
メチル化サイクルのひとつの機能はDNAとRNAを作る事ですが、ヌクレオチドを加える事で、メチル化サイクルの機能をサポートします。自閉症の子供は(その家族も)ストレスを持っていて、コルチゾール反応を刺激し、その結果、RNAレベルを消耗させてしまいます。
最後に、純粋なヌクレオチド(私は一部の変異を回避するためにヌクレオチドを推奨しています)を摂取することは、約10,000種類のRNA全般に成分を提供することになります。私はこのプログラムで使用される特定の生化学的機能へのRNAフォーミュラを作る事に成功しています。また、臨床経験から、このようなRNA製品は特定の想定された分野で機能することが示されました。

RNAはからだにDNAの使い方を教えるもの


身体に良い効果をもたらすためにRNAを変化させないようなフォーマットを考案した

 

つまり・・・


Dr.エイミーヤスコプロトコールにおけるRNAの使用は、直接的に遺伝子の問題点に働きかけます。

 

images-5


例えば、

□ メチレーション回路内遺伝子変異へのRNA(MTHFR A1298C+・CBS+・MTR/MTRR+など)
□ 細菌に対するRNA(真菌・クロストリジア・連鎖球菌・E,Coli・H.ピロリなど)
□ ウィルスに対するRNA(麻疹・ムンプス・風疹・ヘルペス・帯状疱疹・インフルエンザなど)
□ 症状に対するRNA(腸漏れ・炎症・言語・興奮など)
□ 臓器のサポートRNA(腎臓・呼吸器など)

 


RNAの適切な使用は確実に望まれる効果を発揮します。


しかし、服用方法を間違えると効果はほとんど出ない場合があります。

Dr. エミーヤスコプロトコールで用いるRNAは舌下吸収がポイントです。
食べ物や飲み物に混ぜて服用した場合、効果はほとんど出ない可能性があります。

正しい服用方法はこちらを参考にしてください↓

RNAの使用が自閉症回復の鍵!?RNAの正しい服用法

Dr.エイミーヤスコプロトコールは世界的に10000組以上のご家族が実践し結果を出してる自閉症回復プログラムです。適切にプロトコールを進行すれば必然的に良い結果は伴ってくるでしょう。
すでに日本でも良い結果が出ています。

まとめ

Dr.エイミーヤスコプロトコールで特徴的なRNAの使用がなぜ有効的なのかおわかりになったでしょうか?

詳しくはこちらの動画をチェックして下さい↓

ARP(Autism Recovery Project)はDr. エイミーヤスコプロトコールのサポートを専門とする日本唯一のサポートサイトです。

http://amyyaskojapan.website/

無料Skype相談はこちらから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/arpskype

ARP(Autism Recovery Project)
http://www.autismrecoveryproject.net/

RNAの使用が自閉症回復の鍵!?RNAの正しい服用法

Dr. エイミーヤスコ プロトコールは他と何が違うの?

Dr. エイミーヤスコ プロトコールの特徴的な点は

目的に合わせたncleotide(RNA)を使用することです。

RNAは私たちの生活におけるストレス・毒素・感染性疾患にかかわらず、

体の構造体を正確に変換するための私たちの遺伝子(DNA)のメッセージを確保する事によって細胞間の通信を促進する事を助けます。

よって、

各臓器のサポートから目的とする遺伝子へのサポートまで可能になります。

RNAの適切な服用方法

Nucleotide(RNA)の恩恵を最大限に受けるためには

服用の仕方が大変重要です。

腸を経由せずに口腔内から吸収を狙います。

舌下吸収です。

舌下吸収であれば、肝臓をバイパスし細胞まで届ける事が可能になり

その恩恵を大きく受けることができます。

実際の服用量について

 

服用量は1日0.25ml〜0.5mlです。

*Dr. Amy Yaskoは3~5滴と指示しますが同じ事です。

舌下に直接投与し、

40秒ほど留めておきます。

ここがポイントです。

舌下吸収を狙うのでできるだけ長く口腔内へ留めておくことが必要です。

何かに混ぜて飲み込んで服用することは絶対にしないで下さい。

Dr. エイミーヤスコ プロトコールの成功には、nucleotide;RNAの使用が絶対必要です。

 正しく服用する事で目的とする結果を必ず出してくれます。

 

無料メルマガ登録

エイミーヤスコJAPAN無料メルマガ登録はこちらから↓

http://mail.os7.biz/m/CqQR