鉄の補給は危険!? メチレーション回路に及ぼす鉄の悪影響

Pocket

日本の栄養療法はいたずらに鉄を補給させたがる!?

日本で実践されている栄養療法では、鉄をいたずらに補給させたがります。

鉄欠乏性貧血への対応ということですが、貧血になる原因を考えなくてはかえって悪化する原因にもなりかねません。

貧血の原因の多くが、腸内細菌叢の悪性化であると推測されます。悪性菌は鉄を自身のために使用する傾向があるからです。とくに自閉症のお子さんでは腸内細菌叢の問題を抱えている場合がほとんどですので、鉄の直接的な補給はまず優先順位には入りません。

血液生化学検査で貧血傾向が認められる(分子整合栄養医学的に)からといって、鉄を積極的に補給することは大きな問題を引き起こす可能性を秘めています。

自閉症のお子さんにとって鉄の過剰は大きな問題になります。

バイオケミカル検査における鉄の異常性は、細菌性の問題やメチレーション回路への干渉の問題などを示す指標になります。

定期的なUEE(尿必須ミネラル検査)HMT(毛髪メタル検査)で必ずチェックして下さい。

2016%e5%b9%b409%e6%9c%8822%e6%97%a513%e6%99%8249%e5%88%8655%e7%a7%92-pdf000

ただ単純に、血液生化学検査だけで、鉄の補給を決定してはいけません。

鉄の問題がある際に考えるべき事項

•過剰な鉄は酸化剤であり、細菌毒性を加速させます。
•高い鉄は細菌のバランス異常を示すかもしれません。
HMT(毛髪メタル検査)における鉄が50%以上またはUEE(尿必須ミネラル検査)において鉄が検出される場合は以下のバイオケミカル検査を実施して下さい。
 CSA(総合便検査)
□ GI Pathogen Plus Profile(DNA Stool test)
•鉄はSHMT活性を増加させ、メチレーション回路が滞る原因になります。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%9903
•鉄はトリプトファンを抑制し、セロトニンレベルの減少を起こしかもしれません。
•H2S(硫化水素)は鉄を上昇させるかもしれません。
□ UAA(尿アミノ酸検査)でタウリンを確認
□ HMT,UEEで硫黄を確認
•タウリンが高い場合は鉄が問題となるかもしれません。
•鉄は高いフミン酸と関連し、脂質過酸化反応の原因になります。
•高い鉄は高いメチオニンと関連
□ UAA(尿アミノ酸検査)においてメチオニンが高い場合は鉄をチェックしてください
・ 鉄は亜鉛と置き換わる時に血糖値の問題を起こすかもしれません。

 

鉄の問題がある場合のサポート方法

鉄の問題に対してはAHCY/SHMT iron bacterial issues Lactferrinを用いたり、検査結果から必要な腸内細菌バイオフィルムプログラムを実施して下さい。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%9907

鉄の補給が必要な場合はハーブ複合体の使用を考える

腸内細菌に対してサポートして、改善してからもなお血液検査におけるフェリチンが異常な低さを示している場合はDandelion Greens(Leaf)でサポートして下さい。
ハーブ複合体による鉄のサポートは、過剰な鉄を最小限に抑制することが可能です。また、Dandelion Greens(Leaf)は腎臓サポートも期待できるでしょう。

dandelion-1355934_1920

 

まとめ

鉄のむやみな補給はメチレーション回路を滞らせる原因になるかもしれません。

この動画を参考にして鉄の補給の問題について確認して下さい。

ARP(Autism Recovery Project)はDr. エイミーヤスコプロトコールのサポートを専門とする日本唯一のサポートサイトです。

http://amyyaskojapan.website/

無料Skype相談のお申し込みはこちらから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/arpskype

自閉症スペクトラム・発達障害への回復プログラムの実施はARP(Autism Recovery Project)までお問い合わせください。アメリカで実践されているプロトコール(Dr. Amy Yaskoプロトコール)の実施をサポートいたします。
お問い合わせはこちらから↓
http://www.autismrecoveryproject.net/

 



エイミーヤスコJAPAN通信
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
Dr. Jun Suzuki
ARP (Autism Recovery Project)代表 Dr.エイミーヤスコプロトコール専門指導医

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です