RNAの使用が自閉症回復の鍵!?RNAの正しい服用法

Pocket

目次

Dr. エイミーヤスコ プロトコールは他と何が違うの?

Dr. エイミーヤスコ プロトコールの特徴的な点は

目的に合わせたncleotide(RNA)を使用することです。

RNAは私たちの生活におけるストレス・毒素・感染性疾患にかかわらず、

体の構造体を正確に変換するための私たちの遺伝子(DNA)のメッセージを確保する事によって細胞間の通信を促進する事を助けます。

よって、

各臓器のサポートから目的とする遺伝子へのサポートまで可能になります。

RNAの適切な服用方法

Nucleotide(RNA)の恩恵を最大限に受けるためには

服用の仕方が大変重要です。

腸を経由せずに口腔内から吸収を狙います。

舌下吸収です。

舌下吸収であれば、肝臓をバイパスし細胞まで届ける事が可能になり

その恩恵を大きく受けることができます。

実際の服用量について

 

服用量は1日0.25ml〜0.5mlです。

*Dr. Amy Yaskoは3~5滴と指示しますが同じ事です。

舌下に直接投与し、

40秒ほど留めておきます。

ここがポイントです。

舌下吸収を狙うのでできるだけ長く口腔内へ留めておくことが必要です。

何かに混ぜて飲み込んで服用することは絶対にしないで下さい。

Dr. エイミーヤスコ プロトコールの成功には、nucleotide;RNAの使用が絶対必要です。

 正しく服用する事で目的とする結果を必ず出してくれます。

 

無料メルマガ登録

エイミーヤスコJAPAN無料メルマガ登録はこちらから↓

http://mail.os7.biz/m/CqQR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
Dr. Jun Suzuki
ARP (Autism Recovery Project)代表 Dr.エイミーヤスコプロトコール専門指導医

RNAの使用が自閉症回復の鍵!?RNAの正しい服用法」への3件のフィードバック

  1. Smithe669

    I truly appreciate this post. I’ve been looking everywhere for this! Thank goodness I found it on Bing. You’ve made my day! Thank you again! ckebcfacgdgagcdc

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です