タグ別アーカイブ: 細菌感染

単純ではない!?メチレーション回路に与えるアルミニウムの問題

 

今回は、

アルミニウムがメチレーション回路へ及ぼす問題点と

その解決策について考えます。

 

アルミニウムの確認方法

アルミニウムの問題については定期的なバイオケミカル検査の実施にて確認して下さい。

必要な検査は以下の検査です。

HMT(毛髪メタル検査)

毛髪中の有害金属および必須ミネラルを調べます。

2016%e5%b9%b409%e6%9c%8822%e6%97%a513%e6%99%8249%e5%88%8655%e7%a7%92-pdf000

UTM(尿有害重金属検査)

MAP test(尿有機酸検査)

なぜMAP testが必要であるかについてですが、アルミニウムはミトコンドリアクレブス回路内の酵素の働きを阻害してしまいます。アルミニウムの毒性のひとつがミトコンドリア機能障害です。したがって、ミトコンドリアクレブス回路中間体を測定できるMAP testにより評価します。

2016%e5%b9%b408%e6%9c%8825%e6%97%a516%e6%99%8208%e5%88%8615%e7%a7%92-pdf0002016%e5%b9%b407%e6%9c%8828%e6%97%a514%e6%99%8240%e5%88%8655%e7%a7%92-pdf000

ちなみに、

金属排泄は便がもっとも多いのですが、FMT(糞便中メタル検査)ではアルミニウムを調べることができません。

細菌はアルミニウムを保持する性質があります。

腸内細菌へのアプローチは、アルミニウム解毒排泄のために大きな役割を果たします。

それは、細菌はアルミニウムを保持していることが多いからです。バオフィルムの形成にアルミニウムが関連しているとも言われています。とくに連鎖球菌とアルミニウムには密接な関係性があります。

腸内細菌の問題を調べ、解決する必要があります。

CSA(総合便検査)GI Pathogen Plus Profile(便DNA検査)を用いて腸内細菌叢をチェックしましょう。

2016%e5%b9%b407%e6%9c%8830%e6%97%a500%e6%99%8234%e5%88%8627%e7%a7%92-pdf000

腸内細菌へのアプローチを行うことで、アルミニウムの排泄が期待できます。

定期的なHMT(毛髪メタル検査)でその推移を確認することが有効です。

アルミニウムはBH4産生に影響を与える。

BH4(テトラヒドロビオプテリン)は脳内神経伝達物質セロトニンやドーパミンの合成に必須な共同因子です。

また、尿素回路内でアンモニアの解毒を行っています。アンモニア1分子の解毒にBH4が2分子使用されてしまいます。

尿素回路へ供給するBH4が不足するとペルオキシ亜硝酸やスーパーオキサイドなどの有害な酸素種を産生してしまうことになります。

アルミニウムはBH4を合成するための酵素(DHPR:ジヒドロプテリジンレダクターゼ)の働きを阻害します。

DHPRはBH2をBH4へ変換するために必要な酵素です。

BH4が減少するとどうなるのでしょうか?

BH4(テトラヒドロビオプテリン)の主な働き

・脳内神経伝達物質(セロトニン、ドーパミン)合成に必要な共同因子

・アンモニア解毒に必要

脳内神経伝達物質のバランス異常や欠乏は、精神神経学的な異常を起こす原因となります。%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99049

また、BH4はアンモニアの解毒にも必要です。

CBSやBHMTなどの遺伝子変異を持っている自閉症のお子さんの場合、硫黄転移経路が過活動になっている場合が多いです。その副産物としてアンモニアが多く発生することとなります。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99086

 

アンモニアは「脳に霧がかかった状態」を作ってしまったり、NMDA受容体を活性する可能性があるため、グルタミン酸の問題を助長し神経細胞へのダメージを悪化させます。BH4はアンモニア解毒に優先的に使用されるため、脳内神経伝達物質の合成が低下してしまうことになるのです。

MTHFR A1298C+である場合は、さらにBH4産生に支障をきたしています。

MTHFR A1298Cに遺伝子変異がある場合、ビオプテリ回路に影響を与えます。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99121

B12はSAMeを増加することができます。もしくは高い濃度のSAMe自身はMTHFRに結合してBH4を増加させるリバース反応を起こします。しかし、MTHFR A1298Cに突然変異がある場合はSAMeによる調整つまりMTHFRのリバース反応は起こりません。BH4レベルを強くサポートする必要性があります。そしてリバース反応を起こすための5メチル葉酸(5MTHF)の使用が必要です。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99137

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99138

MTHFR A1298C+・CBS+・細菌感染・アルミニウムはBH4レベルのためのリスクファクターです。

BH4のレベルの維持には以下の事項をしっかり考えなくてはいけません。

・MTHFR A1298Cの遺伝子変異

・CBSの遺伝子変異

・細菌感染

・アルミニウム

 

これらはしばしば3本足のスツールで例えられます。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99150

 

BH4レベルを予測するための検査

ネオプテリン/ビオプテリンプロファイル検査ではビオプテリンレベルを予測できます。また、ネオプテリンは感染に対する免疫応答のために上昇します。その場合、ビオプテリンは産生が減少します。この検査は感染の問題そしてBH4レベルの確認をするために有効な検査です。是非活用ください。

まとめ

アルミニウムの問題点とその対応について理解できたでしょうか?

より詳しいサプリメンテーション方法などは、動画内で説明しています。

ぜひご覧下さい。