タグ別アーカイブ: 遺伝子検査

知っていますか?フォスファチジルセリンとストレス応答

本日はフォスファチジルセリンとコルチゾールストレス応答についてお話しいたします。

フォスファチジルセリンが必要なメチレーション回路は?

BHMTはホモシステインが再メチル化されるための第2の経路です。

メチオニン回路内中央を走るバイパス経路いわゆる「メチレーション回路近道の経路」です。

BHMTはTMG(トリメチルグリシン)からホモシステインへメチル基を転移する反応を触媒します。

TMGはベタインとも呼ばれています。

TMGはDMG(ジメチルグリシン)になり、ホモシステインはメチオニンになります。

この経路をより迅速に活性させることに対して問題はそれほど多くありません。

いくつかのその基質は多くの問題なしに供給することが可能です。

そして遺伝子への介入がなくても可能です。

リン脂質・フォスファチジルセリン・フォスファチジルエタノールアミン・フォスファチジルコリンの使用はこの経路に直接的に注がれます。

コルチゾールストレス応答とフォスファチジルセリン

この経路はコルチゾールストレス応答の影響を大きく受けます。

フォスファチジルセリンはコルチゾールストレス応答を減少させます。

つまり体における過剰なコルチゾールをコントロールすることを助けます。

コルチゾールとストレスは記憶に影響を与えます。

Dr. Amy Yaskoはメチレーション回路近道の経路(BHMT経路)サポートとしてフォスファチジルセリンを使用しますが、加えてコルチゾールのための副腎サポートとしてAdrenal Concentrateを使用します。

フォスファチジルセリンの役割とは?

フォスファチジルセリンは脳へ到達することが可能です。

脳におけるフォスファチジルセリンの重要な2つの機能があります。

フォスファチジルセリンは脳細胞の細胞膜を若返らすことができます。

そして脳内でアセチルコリンを増加させます。とても重要なことです。

この神経伝達物質は記憶や脳の加齢において失った情報を回復させます。

細胞膜が強化されることで、フォスファチジルセリンは記憶、注意持続時間の増加、認知機能・気分・うつの改善を強化します。

フォスファチジルセリンとアスリート

アスリートはストレス応答や運動誘発性ストレスを減少させることにより運動パフォーマンスを改善させるためにフォスファチジルセリンを使用することがあります。

フォスファチジルセリンと食物

動物による研究では、フォスファチジルセリンは脱メチル化を抑えると示されています。

フォスファチジルセリンは細胞膜に敷き詰められている脂溶性リン脂質です。

それは体の全ての細胞で認められています。

そして特に脳細胞の適切な機能のために不可欠です。

しかし、フォスファチジルセリンが豊富に含まれている食品は少ないです。

大豆・卵の黄身・チキン・牛肝臓・キャベツなどがその食品として挙げられます。

食事では難しい・・・?

残念なことに、これらの食品を十分に摂取しても、体や脳における必要性のために消費されます。

通常の加齢や消化管におけるストレスは、食事由来のフォスファチジルセリンの十分な量を吸収するための能力を損なわせます。

従って、腸へのアプローチと同時に、フォスファチジルセリンのサプリメンテーションが求められます。

フォスファチジルセリンのサプリメンテーション

フォスファチジルセリンのサプリメンテーションには2つのアイテムから選択します。

Phosphatidyl Serine Complex(PS/PE/PC)

Pedi-Active

どうやって選ぶの・・・?

この2つのどちらを使用するかの決定には、メチル基への許容を考えます。

MPA(メチレーション関連遺伝子検査)の結果において、

COMT V158MおよびVDR Taqの遺伝子変異の状況から、メチル基への許容を推測してください。

http://www.autismrecoveryproject.net/product-page/a9ae9455-f684-2d5f-cebb-3e81af8575d2

Pedi-Activeにはメチル基を含んだDMAE(ジメチルエタノールアミン)が含まれています。

DMAEは脳をポジティブにする働きがあることがわかっています。

自然界ではイワシやアンチョビに多く含まれています。

基本的にはPhosphatidyl Serine Complex(PS/PE/PC)を使用します。

そして必要に応じてPedi-Activeを追加することが望まれます。

まとめ

どうでしたか?

フォスファチジルセリンの補給はメチレーション回路サポートにおいて大変重要なピースです。

自閉症の子供達は大きなストレスを抱えています。

それに伴うコルチゾールストレス応答へのサポートとしてフォスファチジルセリンの補給を、

そして同時に副腎サポートも行って下さい。

RNAの使用が自閉症回復の鍵!?RNAの正しい服用法

Dr. エイミーヤスコ プロトコールは他と何が違うの?

Dr. エイミーヤスコ プロトコールの特徴的な点は

目的に合わせたncleotide(RNA)を使用することです。

RNAは私たちの生活におけるストレス・毒素・感染性疾患にかかわらず、

体の構造体を正確に変換するための私たちの遺伝子(DNA)のメッセージを確保する事によって細胞間の通信を促進する事を助けます。

よって、

各臓器のサポートから目的とする遺伝子へのサポートまで可能になります。

RNAの適切な服用方法

Nucleotide(RNA)の恩恵を最大限に受けるためには

服用の仕方が大変重要です。

腸を経由せずに口腔内から吸収を狙います。

舌下吸収です。

舌下吸収であれば、肝臓をバイパスし細胞まで届ける事が可能になり

その恩恵を大きく受けることができます。

実際の服用量について

 

服用量は1日0.25ml〜0.5mlです。

*Dr. Amy Yaskoは3~5滴と指示しますが同じ事です。

舌下に直接投与し、

40秒ほど留めておきます。

ここがポイントです。

舌下吸収を狙うのでできるだけ長く口腔内へ留めておくことが必要です。

何かに混ぜて飲み込んで服用することは絶対にしないで下さい。

Dr. エイミーヤスコ プロトコールの成功には、nucleotide;RNAの使用が絶対必要です。

 正しく服用する事で目的とする結果を必ず出してくれます。

 

無料メルマガ登録

エイミーヤスコJAPAN無料メルマガ登録はこちらから↓

http://mail.os7.biz/m/CqQR